水商売 人間関係のトラブル⑪(キャバ嬢、キャストとのトラブル5)

人間関係トラブル

 

 こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

 みなさんが在籍しているお店の雰囲気ってどんな感じでしょうか?何回かお話ししたことがありますが、お店の雰囲気は主に地域によって差が出ます。都心部・繁華街は個人プレーで、地方やいわゆる場末と言われるようなところはチームプレーとはよく言われますし、よく言います。極端な例を出すと、繁華街などは激戦区でお店もできたりなくなったりするのが激しいです。波に乗れば大きな売り上げが出来ますが、そうでないと厳しいところも出てきます。

 地方などは、常連ができやすいのと、団体客・出張客が使ってくれることが多いです。その代わり、シーズンを逃したり、立地が悪かったりすると閑古鳥が常連になります。どのお店も指名のお客さんを大事にします。ですが、お店自体の常連になっていないと、気に入っている女の子が辞めたら通うのを辞める可能性もありますし、女の子が店をうつるのであればその人もお店を変えます。

 それが起こりやすいのが、繁華街の印象です。お店自体の常連がつきやすいのは長年そこで営業を続けているお店や、あくせくしていない、居心地のいいお店です。地方のお店は長年続いているところや、地域の有力者が通っているケースも多いので自然と常連がつきます。大混雑をすることも少ないので、のんびり飲めるところも多いです。

 ただ、繁華街ほど高い単価は見込めません。こういうお店って中心部に行けば行くほど値段上がるんですよね。だから、時給やバック率が低いことが多いです。聞いたことあるお店だと、ナンバーワンもヘルプもみんな時給が同じだけど、早上がり希望など出していない限りはラストまであげないところもあります。

 お客さんが入っていなくても営業しているそうです。待機時給カットもなく、喫煙はもちろん、お菓子やごはんも食べていいんですって。その分どれだけ頑張っても時給は変わらないんですけどね。ノルマも無しです。待機中にみんながお話しできるので、女の子の仲はとてもいいとのこと。

繁華街は人の流れが良いです。フリーも多く入るので、新規獲得に向いています。ですが、それと同時にお店の入れ替わりも多いので、お店に定着するよりは女の子に定着します。となると「自分のお客さん」を持つことに注力することも多いです。時給も高いところが多い分、それに見合ったノルマや目標が設定されます。給料が月の売り上げ折半制のところも出てきます。

 だいたいのお店が、1つの会計の売り上げ÷その卓の指名の数=一人の指名売り上げとなるので、なるべく同じ卓の指名は自分一人がいいところも出ます。(場内指名だと、場内指名分の売り上げが抜かれることが多いので、仲いい子や気に入っている子を自分の卓にプラス場内指名で呼ぶこともしばしば)

 となると、みんなで協力するより少数で協力したほうが売り下は伸ばしやすいです。前に派閥があったみたいなお話をしましたが、そんな感じです。全員の名前も顔も一致しないことがあるんじゃないでしょうか。その分仲いい子たちは本当に仲がいいです。

 じゃあ、その仲いい子が飛んだ場合どこにしわ寄せが行くのでしょうか?担当のボーイはもちろんですが、もしも連絡がつかない場合その連絡の要にさせられるのが、だいたい当時一番仲良かった子です。この仲のよさもお店に入ってから仲いいのか、元から仲がいいのかで接し方も変わりますよね。女の子側としては。

トラブル例をご紹介

仲のいい子が飛んだしわ寄せが来た

 水商売における「仲のいい子」ってベクトルが本当にまちまちですよね。お店の中や送りの車だけで話す仲のよさ、プライべートでご飯に行く仲のよさ、互いの家に遊びに行く仲のよさ、夜始める前からの友達……などなどです。でもお店としては、お店にいる時の仲のよさばかりを重視してしまいます。

 ですと、待機中に積極的に隣に座って会話しているのを見るだけで「この二人はこんなに仲がいいんだな」と思われがちなのです。その矢先、どちらか片方が急に音信不通に!「もしかして飛んだ?何か話聞いてない?」などと相談されます。互いの家に行くほどの仲のよさや、あらかじめ友達なら聞き方もいろいろできます。それに互いの信頼度も違うので、「お店に探りを入れろ」とお願いされているかもしれない!という不安感もなかなか生まれません。でもそうでない場合の連絡はなかなかやりにくいですよね。でも黒服はこっちを頼りにしているから無下にしにくい……。

中途半端な仲のよさだと、正直踏み込むのも面倒くさくなります。
人にもよりけりですけど、連絡する件数って増えれば増えるほど他がおざなりになることがあるので、もしもそこに連絡する労力を使ってしまって、お客さんに十分に連絡できなかったなどあると最悪ですよね……。

 あと、事情を知りすぎていると「何か言ってくれれば相談できたのに」などなぜかこっちが責められることもあります。言えないからこっちに相談来たんじゃないのかな……?
お店の不満を言うと干されるところもあるので、なかなか報告もしにくいですしね。

【予防策】

 どれくらい仲いいかをあらかじめ伝えておきましょう。
もしも「連絡つかないけど何か聞いていない?」など聞かれたら、今までの付き合いに応じて答えを変えましょう。プライベートの付き合いがないから、数回ご飯行った程度だからわからない……など。もしも元から仲いい場合は飛ぶかどうかもあらかじめ教えてもらえるケースが多いです。その時に、お店に理由を伝えるべきかどうか相談するのもアリです。

 一番やるせないのは、たいして仲良くもないのに、周りからは仲いいと思われて逐一面倒を見させられたり、飛ばれたあとに連絡をしなきゃいけなかったりする立場の時です。変に連絡しすぎると「また戻ってこいと言われるんじゃ?」とか、いろいろ疑われることもあります。連帯責任だ、なんてふざけてでも言われたら嫌ですyね。仲いい子が飛んだ責任は当人かお店にしか問題はないです。女の子同士のトラブルなら解決をしてからにしてほしいですけど。

【解決策】

 たとえば、店内でしゃべる程度の仲でしたらブロックされた、などと返すのもありです。
もしかしたら家庭事情があるかもしれないし、踏み込むには距離感がまだある仲かもしれません。相手も、それだけの付き合いなのにこんなに細かに訊いてくるのはもしかしたら「そこまで私を心配してくれる」or「お店に探りを入れろと言われている」と思うんじゃないでしょうか。前者ならいいんですけど、飛んだばかりだとあまり前向きには思えない場合もあります。

 プライベートでご飯行く程度なら、いっそのことごはんに誘っちゃってもいいんじゃないでしょうか。そこで全部聞いて納得して「これ以上の詮索はしない」などと区切ってしまえば、連絡係もそこで終わりです。もしも道理にかなった理由になるのなら、お給料も受け取れるかもしれないので、相手のことを少しでも考えるのであれば対話も一つの手です。メッセージの応酬をしないだけで結構楽です。

 家に行き来する仲なら、もう事前に話しているだろうし何なら泊っている可能性もありますよね。仲が良くなっていくにつれ、こういうことは聞きやすいし、疑い深くかかる必要もなくなってきます(あらかじめ友達の場合も含め)ただ、仲がいいってことはお店側にもいずれは同じように飛ぶんじゃないかと疑われるので、その意志について聞かれる回数が増えるんじゃないでしょうか。

最後に

 ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。

最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから退店時のトラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!
今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、
出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!