水商売 お店との給与のトラブル④(キャバ嬢、客とのトラブル18)

お役立ち情報

ブログ

解決事案

雇用トラブル

こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。
今年は暑くなるのが早くて早々にエアコンを使っている所もあるのではないでしょうか?春から6月にかけて掃除して試運転、7月あたりから残暑前まで稼働するのが結構オーソドックスだと思います。
試運転で運転できないとそこから修理に出さなければいけません。夏本番になると問い合わせ件数が増え、修理してもらえるのが一週間後になっちゃう……なんてことも少なくはなく。その順番待ちって、普通の店舗でもあることらしいです。お店用の修理業者さんもいるでしょうが、一般家庭の修理業者と同じで、何件も問い合わせが殺到してしまったら順番待ちが生じてしまうのもうなずけます。

 以前立ち寄った小さめのお店でも、たまたま冷房が壊れてしまっていてとても暑かったのを覚えています。冷たい飲み物を売っているケースの前で人が立ち止まったり、あまりの暑さで小さい子が泣いちゃったりしているのを見かけました。
お店の人が知り合いだったので、話を聞くと3日前あたりから動かなくなってしまい、テナントということもあり修理を貸主経由でお願いしたら10日ほど待ってくれと言われたらしいです。小まめに掃除をしていても壊れるものは壊れてしまうので、気づけるものは早めに気づくほうが良いですね。
家電って連鎖して壊れてしまいますよね。冷蔵庫が壊れたと思ったら電子レンジ、洗濯機にまで伝染してしまうみたいなことが多い気がします。
家で暮らしていて電化製品が壊れるだけでも大変なのに、店舗で故障したら規模も変わって大変じゃないのかと思います。

 この時期だと、そろそろ害虫も出てきやすいです。
夜に道端とかで死骸を見かけるなんてよくあることです。
お店でも発生してしまう店舗は発生しちゃいますね。特にキッチンとか出やすいんじゃないでしょうか?
飲食物を扱っていて、冷蔵庫があるからそこから熱が排気されてしまい、下とか裏とかに生息してしまうことがあります。
裏にとどまったままでいてほしいのですが、たまーに表舞台に上がってしまうこともあります。恐怖でしかない。
ナイトワーク店舗も、一応飲食品を扱うお店です。彼らが顔を出してしまったら営業どころじゃありません。知っている店舗では、ネズミが出てしまったので一日を休みにして業者を呼んで駆除してもらったそうですが、以前も業者が鉄板で作った侵入経路を確認したところ、体当たりを繰り返してひしゃげたかのようになっており、恐らくここから侵入したんじゃないかという話になっていました。
塞ぐのなら、欠けた所をつぎはぎで塞ぐよりも埋め立ててしまったほうが良いのでしょうか?いくら害虫ではないとしても、害獣ではあるので(しかも、普通の小動物のような小奇麗さもありません)見た目は不快代表です。
そのあたりも含めて、駆除で何とか解決してくれればいいんですけどね。
何より、昨今は集団で密閉や密接を避けるためにナイトワークへの客足が遠のいています。「不特定多数」との密接は、確かに満員電車を除けば隣に座るキャバクラが多いですもんね。
スナックやガールズバーも対面ではありますし、スナックはカラオケも多いイメージあるので、結局皆客足が遠のいてしまうのでしょうか。カラオケボックスはヒトカラ専用・テレワーク専用で営業を再開している所が多いですね。若干割高だそうです。30分ごとに部屋の換気に回る所もあるそうです。ドアを全開にするんですって。
電車も窓が開いている所がほとんどですが、さすがに雨の日は締め切るらしく変わらずじめじめしていました。電車とか、自分以外の全く知らない人たちが使用するものって普段より嗅ぎなれていない匂いが多いので、それが雨で締め切られていると心なしか苦しくなってしまいます……。

ともあれ、そういった業績不振でお店をたたんだり、お給料の支払いが遅延したりする店舗が増えています。
そういった時どうすればいいかのお話を今回はします。

業績不振の閉店でお給料がもらえなさそう

 業績不振になると、いきなり閉店してしまうのではなくお給料が遅れたり受け取るためのノルマが設定されたりします。以前話した、「〇日以上出勤」もその一つです。
給料遅延が続くと、キャストや黒服が不信感を持って突然飛ぶこともあります。それで人手が足りなくなり閉店を余儀なくされることもあります。
派遣も、ちゃんと最低保証分のお給料やその他の費用が工面できないと利用できませんし……。
閉店の在り方も、グループ経営と個人経営でまた話が違います。
グループ経営だと大本のグループがなくなるまでは他のお店も営業しています。
グループ経営は大体ナイトワーク以外にも幅広く運営しているのでなくなることは滅多にありません。個人経営でも、店長の上の人がいることもあるので、そのあたりの所在地が掴めれば何とかなることもあります。

予防策

 個人経営よりグループのある店舗に在籍するのがおすすめだと思います。
求人サイトにグループ店舗などの関連情報が載っていることが多いです。
大手グループだと、求人バナーやHPに「○○グループ店舗」みたいな文言が書いてあるので見つけやすいです。
女の子のことをちゃんと考えているお店なら、地雷営業とか不真面目な勤務態度でもない限り業績不振で閉店する前に系列のお店へ異動をさせてくれることが多いです。
個人経営でも、店長の上の人(会長やお金を貸している人)がわかっていれば、安心感があります。
昔は体入や求人のポータルサイトにブログなど細部を載せているところや個別でサイトを持っているお店が、金銭的にも安定していて良いっていう話が多かったのですが、最近は個別でサイトを持っているお店って古臭いイメージを持たれがちなので、少ないんじゃないかなと思います。ただ、伝統的とか歴史があるクラブとかを探すのなら、個別でサイトを持っているお店のほうが良いんじゃないでしょうか?

解決策

 グループ店舗なら、在籍の異動で問題なく解決できると思います。そっちでまた従業員名簿への記入や個人情報の提出を済ませて変わりなく(地域や店舗・客層は変わるかもしれませんが)働くことが出来ると思います。
もしも異動の話を持ち掛けられなかったとしても、近くの系列店舗でお給料を受け取れると思います。店舗がまだ残っている場合なら、荷物を受け取るついでにお給料をもらいに行くこともできると思います。ただ、給料が遅延している場合は店長や担当のボーイさんとよく話し合いをして今後のお給料の受け取りを確認しましょう。
「給料が遅延しているな」と思っても、すぐに「飛ぼう」と思わずに色々な人と相談して今後の給料や働く店舗について話し合ってもいいかもしれません。飛ぶと給料をもらいにくくなりますし、(都内最低賃金で清算されたという話も聞いたことがあります)、ほかの系列店でも働きにくくなりますし。
個人営業の場合、会長やお金を貸している人の連絡先・本拠地がわかるのであれば連絡するのもアリです。話がすっきり通じるのであればそこで解決です。
もしも「貸しただけ」「従業員を配属させただけ」などと無関係のままであればその時は個人で対応するのは難しいです。
同じような状況のキャストが何人かいるのであれば、みんなで内容をまとめて弁護士への相談をお勧めします。

最後に

 ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。
最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから金銭トラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!

今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!