水商売 お店との退店トラブル(キャバ嬢、お店とのトラブル編④)

お役立ち情報

 

こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

皆さんはナイトワーク(水商売)をどれだけ続けるか決めていますか?
ナイトワーク(水商売)従事者の中には、その経験を生かしてスナックやクラブのママになったり、ドレスブランドを立ち上げたりする人もいます。在籍していたキャバクラを経営している会社に入社して、しばらくエスコート(黒服)として数店舗管理していたキャバ嬢もいます。どんな未来を想像するにしても、まず直面するのは在籍しているお店を辞めることではないでしょうか?
ボーイ(黒服)、キャスト(従業員)、そしてお客さんたちに見送られ、円満に退店するのがほとんどのキャバ嬢やホステスの目標じゃないでしょうか?

トラブルを起こして退店、となるとその地域で新しく働きにくいし、飲んだり遊んだりするのもどこか難しくなってしまいます。やっぱり、退店に関しての相談は数多く受けます。最近は「退職代行サービス」などのサービスも充実しており、費用はかかるのですが、引き止められたり給料を未払いにされたりするのを防ぐことができます。退店時の給料未払いについてのご相談は前々回の記事でもやりましたね。一度おさらいしてみるのもいいかもしれません

また、過去の記事もバックナンバーから読むことができます。
今回から目を通してくださった方などはぜひ一番最初から読んでみてください。

ナイトワーク(水商売)を辞める際の方法はざっと分けて2種類あります。
1つは退店1ヶ月前にお店に行って円満に退店する方法です。もう1つはいわゆる「飛ぶ」と言って、簡単に言えばバックレる方法です。
ナイトワーク(水商売)は立派な仕事です。連絡もなしに突然バックレられたしまえばお店の経営にも、そのキャスト(従業員)を指名して通っていたお客さんにも迷惑が掛かります。
ですから、基本的に飛ぶのはお勧めしません。ロッカーに入れていた私物も処分され、その月に働いていた分のお給料ももらえない可能性が大きいです。どんな手を使っても辞めることができず、最後の最後の手段にしておきましょう。でも、その手段を使う前に一度誰か事情が分かる人に相談してみるのが一番です。当サイト、ナイトワーク法律相談所でも相談は承っております。もうどうしようもなくなってしまう前に一度ご相談ください。

では、今回も寄せられたトラブルについてお悩みと解決策をお話ししていきます。

トラブル例をご紹介

不良退店扱いにさせられる

これは、退店を申し出た期間にもよります。だいたいのお店は、辞める1ヶ月前に申し出れば円満退店として通ります。これはナイトワーク(水商売)に限らず、ほとんどのお仕事がそうです。
しかし、中にはいいがかりをつけ、円満に退店させないお店もあります。特に売り上げが飛びぬけてあるキャスト(従業員)に辞められたら困るからと理由や期間をつけて退店を阻止することも多いです。
他にも、たとえばお店がキャスト(従業員)に出した保証期間が2ヶ月などでしたら、その保証期間と同じ2ヶ月前に退店の申し出をしなければ不良退店とするお店もあります。
ごく稀ではありますが、存在しますので気を付けてください。また、時給カットもですが、なかなかフリーの席につかせてもらえないことも多いです。確かに辞める月にお客さんを作っても、最後の日までに絶対指名として戻ってくる保証もありません。お店の利益を考えると当たり前の行動かもしれませんが、あからさますぎると働いている身としても不快ですよね。また、フリーのお客さんよりも、今まで来てくれた指名のお客さんを大切にしてほしいという方針のお店も同じような対応をしますので、一概に干されているとは言えないのも難しいところです。

【予防策】

もしも今退店を考えているのであれば、自分を担当しているボーイ(黒服)に相談しましょう。いきなり店長に言ってしまうよりはワンクッションが挟めるので、ある程度の状況整理ができます。
面接の際に退店の申し出の期間を確認するのは、相手の印象としても悪くとらえられてしまうので、あまりいい手ではないです。もしも「〇歳までには辞める」「〇万円貯金ができたらやめる」という目標があるのであれば、それは言ってしまっても大丈夫です。特にお金関連の目標などは、それだけ明確に稼ぎたいものがあると好印象になります。

【解決策】

どうしても辞めざるを得ない設定を作りましょう。いくらお店でも辞めた後の生活は追いません。
実家が遠い場合は、「実家に帰らなければいけなくなった」がおすすめです。家の事情はそのほとんどが急に決まるものです。むしろ、急に実家に帰ることが決まったのにお店のことを考えてスわざわざケジュールを調節したんだからね、という態度で挑みましょう。表面上はしおらしくするのがおすすめです。「昼職に就職が決まったから」というのもいいかもしれません。実際に指名のお客さんが社長で、うちの会社で働かないかと引き抜かれて退店した場合もあります。多くの会社が、契約や派遣ではない限り副業(特にナイトワーク(水商売))を禁止・よくないものとみています。しかし、本当は就職が決まっていない場合はバレるのを控えるため少しの期間同じエリアでのナイトワーク(水商売)は難しくなるかもしれません。

給料の未払いがある

飛んでいないことが大前提です。
飛ぶことが常習化してしまっている人は、最後の月の給料を「捨て給」とよび、もうないものとしています。飛ぶ・バックレるはそもそも労働者として常識的にしてはいけないので、やむを得ない事情以外は控えましょう。そうでなく、しっかりと1ヶ月以上前に申し出をしているのに給料が払われない・給料カットされる場合があります。不良退店と同等の扱いをされているのです。これはお店としても辞めてほしくないから、脅しの意味も込めて言っていることも多いです。例外として、風紀(ボーイとの恋愛)したり、在籍しているほかのキャストともめ事を起こしたりした場合はそこまで円満に辞められる保証はありません。

【予防策】

お店によって実施していないところも多いのですが、もしも振り込みにできるのなら振り込みにしましょう。手渡しだとお店にいかないと給料は受け取れませんが、振り込みにすれば給料日に受け取れます。入出金を残したくない場合は無理にしなくても大丈夫です。また、前の項目と同じになってしまいますが、自分の中で区切りをつけて「(目標)までには辞めます」といってもいいかもしれません。すぐ近くの日付の話ですとダメですが、貯金額や売り上げでしたらちゃんと計画も立ててお店もキャスト(従業員)も予定を考えられます。

【解決策】

飛んでしまった人は、気まずいかもしれませんが担当やお店で仲良かったキャスト(従業員)に事情を話しましょう。場合や状況によっては受け取れる可能性もあります。また、辞める相談を持ち出す際に店長やお店の偉い人と仲良くなっておくことも大事です。売り上げも大事ですが、人柄も大事です。いい子には優しく接したいというのはおおよその人間の心理にありますので、辞める辞めないにかかわらず仲良くしておくことは吉です。あるいは退職代行サービスを使ってしまってもいいです。当事者の代わりに、退職代行の会社が退職手続きをしてくれるので対面する必要も、引き止められることもありません。また、代行会社も依頼を受けて仕事をしてくれますので給料カットや未払いについても防いでくれます。

最後に

ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。

何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。

最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちからの退店トラブルでの相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!
今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、
出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!