水商売 お店との体入トラブル2(キャバ嬢、お店とのトラブル10)

雇用トラブル

 

 こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

 花粉の季節が近づいてまいりました。職業上、マスクなんてできないので大変ですよね。
ノーズマスクやスプレータイプのマスク?なんてものがありますが、実際効くのでしょうか?花粉の時にマスクする個人的理由が花粉を防ぐよりも、鼻のあたりに仕込んだティッシュが見えなくなるようにする……に変わりつつあります。

 外から来たお客さんをそのまま接客するので、風邪予防もしにくく最近は店内用の鞄やポーチに消毒液の入ったボトルを入れている人もいるそうです。おしぼりに殺菌作用があればいいんですけどね……。お店の出入り口に消毒用アルコールとかあるのでしょうか?それとも、度数の高いお酒を飲んで「アルコール消毒だ!」などと言うのですかね?そっちのほうが楽しそうです。

 ともあれ、季節の変わり目、特に寒暖差が激しい冬から春にかけては体調を崩しやすい時期になります。年度変わりだとやることも多くなる人もいらっしゃるので、その分休養に回せる時間も減り、体力不足でダウン……なんてこともあります。今年は別のウイルスが流行っているとのことで、インフルが少ないらしいのがせめてもの幸いですが、それでもかかる人はかかりますよね……。手洗いだけでもしっかり済ませましょう。

 お店によっては風邪での長期のお休みは、医療機関のレシート・領収書があれば当欠扱いにならないところもあるので、もしも体調がすぐれなければ受診もいいと思います。ただ、今回うかつに医療機関に行くと良からぬものまでもらう可能性があるので、行くタイミングやお店への事情の説明が難しくなるかとも思います。普段通りの風邪なら、病院へ行くとそこで弱った体が別の菌をもらってしまう可能性が十分にあります。

 これは、今はやっているウイルスなどにも関係なく、ほかの流行り風邪にも言えることです。普段の風邪と違う症状が続くのであれば病院に行きましょう。
と、いうことで対策は大事です。

 流行り風邪って、自分がかかっていなくても不安になりますよね。不要不急の外出は控えろと、知人がここ半年楽しみにしていたライブが中止になったので、生きる気力をなくしていて「どこが不要不急の外出何だろう……重要じゃん……」といささか疑問を抱いています。何が必要で、何が必要じゃないか、それはその人にしかわかりません。

 そして、その「必要」なことにかかるお金も。
時間を上手に使ってたくさん稼げる、と言われているのが水商売です。過去にもお話ししましたが、借金を返したり美容の費用にしたり、好きなアイドルや役者のために稼ぐ人がいます。でも、在籍するよりもこうするほうが稼げるじゃん!と「体入荒らし」をする人がいるんです。

トラブル例をご紹介

体入荒らし

 水商売特有の制度、体入。そのお店やお客さんの雰囲気をつかみ、自分がそこに本入店するかどうかを決めるために一日だけ働く制度です。(中には何度も体入が可能、やお客さんの色が悪かったからまた後日体入をお願いしたい、などと言ったところもあります)

 この体入って在籍と違って、基本的に営業もしなくていいし、給料も全額日払いが可能です。中には、体入でどうしてもキャストをつかみたいからと高額時給のところもあります。その分、雑費などが在籍の子より引かれるところもあるのですが、中には送りやヘアメが無料のところもあります。
 「在籍するよりプレッシャーが無くて楽じゃん!」「日払い金額に条件も上限もないならそっちがいい」と思う人もいると思いますが、体入荒らしはとても悪いことですし、それこそお店側にも、もしかしたら体入荒らしを繰り返している人にもトラブルが発生するかもしれません。

 そもそも体入する日は、その子がお客さんをもっていてその日に呼ぶや、場内指名をバンバンもらうなどをしないとお店にとって利益にも次につながることも難しいことです。体入が来るから、と在籍の出勤調整をするところもあります。そこまでしてくれているお店を何件も体入しては本入しない、日払いだけもらう、などとしていたら、それはもう嫌われる対象ですよ。本当に同じエリア内でどのお店にしようか決めあぐねて、いろんなお店に体入をしている人にも迷惑です。

 また、エリア内の体入荒らしはボーイ間を通していろんなお店に情報が回ります。最悪、そのエリアでしばらく遊びにくくなる可能性も出てくるのです。あと、荒らし目的で来ている人は、態度が良くない人も多いです。(これは偏見になってしまうかもしれませんが)たぶん、これっきりで終わって関わらないから、という態度なのでしょうか。

【予防策】

 まず、体入荒らしによって起こるトラブルは、さっきも言った態度の問題や、お店への損害です。体入荒らしが多いと、最悪の場合お店が即日体入制度をなくす可能性もあります。これは立派な予防でもあります。接だけして、体入は後日でもいいよね、と。その日や周辺でお金が必要だから荒らして回っている人だとだいたいが断るからわかりやすいんですって。

 キャストは体入に話しかけるタイプとかけないタイプがいるので、もしも話しかけるタイプの人がいたら話を聞いてみてください。最初から本入する気が無い人はなんとなーくわかります。接客中の態度とかでゴタゴタを起こしたくなければ、「あれ?」とおもったときにボーイに一緒につけないようにお願いするのもありです。自分の指名の席で粗相されたり、爆弾行為をされたりしたら、たまったものじゃありませんから。

 体入荒らしする側の予防ですか……?
本当に体入荒らしでいいのか一度考え直すとかですね。体入した日は全額日払いがもらえます。その時に事情を話して、そこからしばらく出勤している日を一部日払いにしてもらって、必要目標金額に言ったら、月給にしてもらってもいいのではないでしょうか?体入荒らしのうわさが広まると、不思議と顔も割れますし、体入が通るところも減ります。

【解決策】

 体入荒らしで被害をうけるのは嫌ですよね。
さっきも言いましたが、大事な席で粗相をされるのが一番応えます。体入で来た人の態度をみて、面接を担当したボーイさんに話を聞いてどうか見極めてみましょう。だいたいが給料の話をするとき全額日払いが可能かどうか聞く人が多いんですって。全日可能にすると突然飛ばれる危険性もあるので、よっぽど長年勤めた人か、夜を上がったけど知り合いに頼まれて専属ヘルプで来ている人くらいしかできないですね。

 「どうしても全額日払いがいい!」「連絡先の交換は嫌!」「決まったエリア・お店に常駐したくない!」とのことでしたら、派遣に登録するのもアリです。お店の区分としては体入扱いなので、全額日払いができますし、変にピンハネされることも少ないです。もしそこから、在籍してもいいかもしれないお店を見つけたら在籍できるかどうか確認することもできます。

 もしもすでに体入荒らしを繰り返していて、そのエリア近隣である程度有名になってしまったのであれば、しばらくそのエリアで遊んだり働いたりすることは避けましょう。従業員名簿は辞めてから最低3年保管されるといいます。ですので、3年間はそのエリアを遠ざけるべきだとは思います。まあ、だいたい1年くらいで従業員が代わる店もあるので、もしも在籍したいなと思ったら年数を開けてから訪問するのもいいですね。

 ただ、年数を開けるということはそれだけ歳を重ねると一緒です。もしかしたら条件が厳しくなるかもしれませんよね。エリアによっては、若い方が需要が高い・いい条件になるお店も多いです。

最後に

 ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。

最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから退店時のトラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、
出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!