生活リズムの乱れでメッセージを送るタイミングがバラバラに。ゴタゴタしないための工夫とは

お役立ち情報

ブログ

解決事案

人間関係トラブル

こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

最近は天気のいい日が続き、春らしき春になってきました。
「春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)」と言いますが、皆さんの生活リズムはいかがでしょうか?
昼職と掛け持ちしている人、夜職・水商売一本の人など、リズムがやっぱり違う人もいるかと思います。
昼職と兼業しているとどうしても睡眠時間が遅くなったり、シフト制だと夜も相まってそれこそ生活リズムがバラバラになったりしてしまう人も多いのではないでしょうか。
水商売一本の人でも、昼は馴染みのお客さんとお出かけとか、同伴前のセッティングに時間を使うことも少なくはないはずです。ネイルやエステ・美容室などに多くの時間をかける人もいます。
二日酔いで夕方まで寝潰す人も……。

ともあれ、仕事によっては生活リズムが確立する人、確率しづらい人も多いと思います。
特に水商売って上がる時間がバラバラなこともありますし。
昨日より帰る時間が1時間遅いとかざらにあります。
生活リズムがちゃんとしていないと健康に悪いよとか言われます。わかっていますが改善のしようが無い。
体調面や、体型・肌の健康などなど本当にわかっているのですが、いつだって少しだけ気にするだけで、自分が本当に気にしているかどうかは伝えにくいのですが。

夜をやっている人は極端に痩せているかぽっちゃりしているかとか言われたことがあります。
実際の統計などは当たり前ですが取ってないのでわかりません。
ただ、都心部とかでメディア露出などある人とかは本当にすらっと綺麗ですよね。
ああいった自己管理能力は本当にすごいなと思います。真似しようとしても一朝一夕で出来るものではありません。
だからといって普通体型の人が少ないわけでもないですが、でもまぁ場所にもよりますが華奢め(きゃしゃめ)の人のほうが多いですね。
完全な偏見なのですが、すらっとしてモデル体型に近い人のほうが人気になると思います。

キャバ嬢とか夜職をやっている人は「男受けがいい」などと思われがちです。(ここの「男受け」は、身長が低かったり、おとなしめだったりと典型的な日本人女性を想定しています)
こういった男受けのいい女性って普通に恋愛対象として見るには人気ですが、実際に水商売として見ると普通なんですよね。どちらかというと「隣に立っていれば見栄えがいい」みたいな感じの人が人気になります。イベントコンパニオンなどは、スタイルのよく強めの顔をした女性が立っているイメージが多いのですがああいった感じです。
遊びなれている人って、キャバクラなどの水商売店舗の利用は恋愛対象を探しに来ている感じはしません(愛人探しは別として)。
今はもう都市伝説のようになってはいますが、やっぱり秘書探しとかもあるわけです。
その時に見栄えがいい人を探すこともあります。

また、やっぱり「隣にいて映える」→パッと見てステータスのように取れそうな感じの女性が選ばれやすいです。
逆に、男受けがいい人は風俗店に多い気もします。
性的接触を前提とすると屈服させやすそうな女性を狙う人が多いのでしょうか。
あまり言いたくありませんが、嫌な考え方ですよね。
生活リズムに戻りますが、やっぱりお客さんとリズムが違う時も多いです。
その時どんな時間を目安に連絡をすればいいのでしょうか。どんな時間が一番トラブルが起きにくいのでしょうか。

メッセージの送るリズムがずれてゴタゴタする

女の子もお客さんも、個人個人の環境・生活リズムがあります。
昼職と掛け持ちしている女の子だと、夜遅くに連絡が来て返していたら寝るタイミングを逃した……などあります。
前回もお話ししましたが、寝不足などで生活リズムが狂い仕事の効率が下がると、それだけで色々言われることがあります。さらに夜やっていることがばれてしまえば「辞めろ」の一点張りでしょうし、職種によってはこってり詰められることも少なくはありません。
それと、睡眠時間が減ってしまうと心や頭の余裕もなくなってしまい、ちょっとしたことでイライラしたり悲観的になってしまったりします。
判断能力も低くなってしまうので、何かを決めるにも後悔が残る結果になることだってあります。
睡眠時間が6時間を切ると、鬱になる可能性も大きくなるんですって。
たかがメッセージを返す時間で大げさだなぁ……と思う人もいるかもしれませんが、嗣明や健康も売り上げと一緒で、コツコツと積み重ねたものが大きくなって自分に返ってくるのです。
気を付けられることがあれば積極的に気を付けて言ったほうが得策です。
お客さんのほうに返すタイミングもよくわからなくて家族にばれたり、会議の最中に鬼電してしまったりする可能性もあります。
相手の退勤時間と準備の時間がかぶりそうな夕方に連絡すると「営業に必死だね」みたいに皮肉を言われることもあります。連絡全部営業なのわかってほしい。
また、お客さんからの連絡が通知に表示されて、昼職先に見られてしまう可能性も出てきてしまいます。何とか防ぎたいですよね。

予防策>

昼職先に見えてしまうのならば、通知を内容が見えない設定にしてしまうのが早いです。
機種にもよるのですが、ロック解除中や画面を見ている最中だけメッセージ内容を表示する設定もあります。
返信が遅い~などと言われてお客さんとごたつくときは、昼やっていてもやっていなくても「やっている」設定を作ってこの時間からこの時間は連絡がしにくいですと言ってしまってもいいです。
逆に、お客さんと連絡先を交換するときに、連絡するときに都合のいい時間や曜日を聞いてもいいです。忘れないうちにメモしましょう。
むしろ、その時間帯以外は連絡する負担が省けるので、こちらとしても把握していると安心します。
その時間に電話をしてもいいですし、わざとギリギリの時間に電話して「もっと話したかった」と思わせることもできます。不在着信を入れて夕方折り返しをもらい、そのまま同伴なり来店なりの予定をつくってもらうのも、いいかもしれないですよね。

解決策>

これといった解決策とは言わないのですが、やっぱり平日お昼に返すのがいいと思います。
色々な水商売向けのサイトに書かれているのですでに知っている人もいるのではないかもしれませんが、平日昼は大体お昼休みです。
もちろん会社勤めの人がメインではありますが。
店舗職や休みの日が不確定な職人の人は予め聞いておくほうが良いです。
休みの日だと、家族団らん中にメッセージがきて大変なことになるといった話も聞いたことがありますので……。
食事や喫煙の傍らにケータイを確認して返信してくれることも多いです。また、お昼休みは限られた時間でもあるので、連絡も長引かずすぐに切り上げることもできます。
いつどこに飲みに行くかなども、大体お昼に決めてしまうことも多いので、もしかしたら「今日行くよ」などと言ってもらえることもあるかもしれません。
ご飯の話にもっていって同伴を結びつけることもできまsす。
あとは早朝でしょうか。
朝早くだと、大体通勤中です。電車通勤ですと、その際中の片手間にLINEとかのメッセージアプリを返しがちです。「今日も一日頑張ってください」だけでもいいかもしれません。
月曜の早朝が一番効果あるって聞くんですよね。
休み明けの憂鬱な気持ちの時に、やっぱりちょっとでも話したことのある女の子から連絡があると、多少は憂鬱な気分が晴れるのでしょうか。

最後に

ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。
最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから金銭トラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!

今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!