黒服とのトラブルが耐えられなければ、お店の移動や法的措置を検討しましょう

お役立ち情報

ブログ

人間関係トラブル

こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

みなさんのお店では、喫煙はどうなっていますか?
(延期してしまったけど)オリンピックに向けてか何かで、2020年4月初めから、飲食店などでの喫煙が禁止にされます。
室内に喫煙専用のブースがある場合、届け出をすれば喫煙が可能になるそうですが、結局その場所へ行かないと喫煙もできないので、不便ですよね。
話の最中にタバコが吸いたくなったら席を立っていかなければいけません。
色々な人から話を聞く分には、女の子はついて行かないところも多いので、複数人来た時に一人だけ非喫煙者の場合、みんなが喫煙で席を立つと非喫煙者をみんなで接客することになるそうです。お客さん全員が喫煙で席を立つと、女の子だけが席に残るので、女子会になるそう……。ちょっと面白いですね。
これは従業員も対象ですので、お客さんが吸っている間は吸いに行けませんし、逆に吸っている時に来られると焦るそうで……。
それと、テーブルで火をつける必要性が現段階でなくなってしまったのでライターを持て余すそうです。手元に灰皿が無いので、ふとした時に落とした氷やフードの包み紙などを捨てる場所もなく不便なんですって。
今は営業自粛が多いので、その後の対応などもあまり聞けていないのですが施行当初は慣れない人も多くてやりにくかったそうです。
一番困ったのは、タバコをその場で吸おうとしたので「今月から室内で吸えない」との旨を伝えたら、とても機嫌が悪くなったことだそうです。
お酒を飲むと、普段よりタバコの本数が増える人が多いです。
そういった人たちも、たとえ水蒸気や電子タバコでもタバコと言われるものを吸うのは対象なので、席を離れて専用のブースに行かざるを得ません。
いい感じで話していて、お酒も入って、お、吸っちゃおうかな~って時に「今ここでは吸えないんですよ~~」と言われたら、そりゃ確かに顔も曇っちゃいますが……。
こっちが同じ立場になったとしても、難しい顔しちゃいますよ。でもそれをこっちに言われても、残念ながら個人に条例を変える力はないので、話のネタにするしかないです。
仕事が減って楽なのもあるとは思います(タバコ吸うしぐさをされたとき、慌ててライターを探したり、火の強さを調整したりすることが多いそうなので)
でも、例えばライターの絵柄をお客さん世代に合うようなものにしていて、それを話のきっかけとして仕込んでいる人とかだとちょっとがっかりしちゃうなぁとは思っちゃいます。
あと、ヘビースモーカーの人とかだと、お店へも行く気がなくなっちゃうかもしれません。
お酒飲んで、タバコに火をつけて吸い終わって、お酒飲んでまたタバコに火をつける……なんて人も少なくはないのです。そういう人のこと考えると、健康面としては吸わないのは良いことだとは思うのですが、その人の生活に根付いてしまっているので心の健康としては良くないですよね。
お店としても、本当は良くないことだとは感じているとは思います。
そもそも、飲み屋さんでスムーズにタバコが吸えないのも悲しいんですけどね。

最近は、禁煙型のパチンコ屋さんも増えてきたので、最初から「禁煙」を掲げた飲み屋さんならまだやりやすいんじゃないのですかね。
条例の施行具合にもよりますが、そもそもそういった関係の取り締まりも都外は緩いと聞いたので、そっちの地方や都内に近い県が栄えそうな感じありますよね。
お客さんの入りが悪いと、お店もピリピリしたりプレッシャーをかけられたりします。
居づらいお店になるのが一番嫌ですよね。
ナンバー嬢ばかり頼るのも申し訳ないですし、逆に自分がナンバー嬢だとプレッシャーとかでやられちゃう人もいます。
働く環境が代わったり、お店の対応が代わったりするとやっぱりトラブルも起こりがちになってしまいます。
キャスト間だと、売り上げある子・ない子・レギュラー出勤・ヘルプ出勤とかで壁もできちゃいますし。
そういったのもあって、お店を移りたいなって考える子も増えますが、なんにせよこの状況です。今やっているお店なんて怖いですし、この期間は情報収集の期間になるのでしょうか……。
自粛や営業不振に関わらず、トラブルが起こることもあります。
キャストでもですし、黒服とも起こることだってあります。
互いに人間ですから、人間性が合わないとか、その逆のパターンでお店を移らざるを得ない状況になることはよく聞くのです。

黒服のトラブルでお店をうつりたい

黒服トラブルって何種類かあるんですけど、やっぱり風紀とかそのあたりよく聞きますね。
最近聞いて笑ったのは、自分の彼女を、彼女と伏せて入店させてSNSからバレて彼女が店を移ったことでしょうか。最初から付き合っていたので、罰金はなかったらしいのですが、それなら入店させるときに自分の彼女だっていえばまだ何か変わったかもしれないのになぁとは思います。特例が許されるかはわかりませんが。
解決できるものは在籍中に解決したいものもありますが、そうでないものだってあります。
そんな時、これ以上まずい事態になるよりはお店を移ったほうが楽なんじゃないか……?と思う時もあるかもしれません。
どんなケースの時にどうすればいいか、解決方法の一つとして心のどこかにしまってもらえると嬉しいです。

予防策

前回と同じで希望的観測です。
前もトラブルで風紀に関するあれこれ、というか人間関係に関するあれこれをお話しした気がします。本当に、踏み込みすぎずが一番です。
お店って関係が無ければただの男女なので、互いが恋人もちでもない限りは余計な絡みをしないほうが得策ですよね。

解決策

お店を移る場合です。
やっぱり原因が大きく左右します。
双方同意の風紀の場合は同エリア内・同系列内での移動はできないと思います。
エリア内だと、結構黒服同士の情報網が繋がってしまっているので、よっぽど売り上げを作れるような人でない限り、あれこれ理由をつけて断られることが多いです。
罰金処置の後はどうなるか話を聞いたことが無いので、あまり具体的には言えないのが残念ですが……。というか、大体バレそうなタイミングとか店長が察した時に系列の別店舗に黒服とキャストをバラバラに飛ばすことが多い気がします。
この風紀が黒服の一方的なものであれば、系列内の異動も同エリア内での移動もできるかと思います。3か月くらいで風紀を持ち掛けられ辞めた知り合いが、隣エリアでお店探している時に「在籍期間短いけどなんで?」と聞かれたのですが(大体在籍期間が短い子は保証期間が終わったら辞められる可能性もあるので、警戒されるんですって)、「風紀を持ち掛けられて嫌になって辞めた」と伝えたら、めちゃくちゃ笑われて納得されたそうです。
仕事の態度にも問題が無かったので、半年ほど在籍して円満に退店したとのことです。
黒服との性格的な相性が悪くて、辞めるのであれば同エリア内でもお店を変えて大丈夫かなと思います。
さすがに悪評とかを垂れ流して追い詰めるくらいドロドロさせるくらいなら、新しい女の子を入店させたほうが楽でしょうし。そのエリアでついたお客さんも、通いやすと思います。
あと、黒服も営業していない時はキャバとかに行きます。朝キャバは同業者が多いってよく聞きますし。ですので、少し離れたエリアで在籍したときに再会してしまう可能性もあるので、お店選びは本当に難しいですよね。近場だと行きづらいそうです。

最後に

ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。
最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから金銭トラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!

今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!

ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!