働きやすいお店を見つけるためにできることをご紹介

お役立ち情報

解決事案

人間関係トラブル

雇用トラブル

こんにちは、ナイトワーク法律相談所です。

3月。年度末の月ですね。
年度末は区切りがいい月。人事異動もあるとしたらこの時期が多いです。
引継ぎをまとめる作業に追われている人も多いのではないのでしょうか?
だから送別会などが増えますね。
人事異動・退職が多い時期なのは夜の世界も同じです。
学生で夜働いている人は、卒業や就活で辞めることが多いです。年でキャンパスが代わる人もいるので、引っ越しを理由に辞める人もいました。
副業で夜働いている人は、人事異動はもちろん、会社の働き方が代わって辞めるなどもあります。朝が早くなった・部署が代わって残業が増えた・休みの日が不規則になり、安定して長時間働くことが難しくなった……などです。
ほとんどのお店は、女の子の生活を重視してくれます。
昼職をメインにやっている子や、学業を優先したい子のためにシフトの融通も利かせてくれるところが多いです。
テスト前にどうしても、生活リズムが崩れて昼職に支障が出てしまった……なども、だいたいのお店は考えて対応してくれます。
ただ、お店が営業できるのは利益ももちろんですが、女の子が在籍・出勤してこそです。だから、比較的出勤協力をしてくれる子に親身になってくれている気もしますが……。

この、年度末とそして年末が女の子の入れ替わりが多いですね。
両方とも多くの飲み会や集まりが開催される想定もあるので、大量採用などをしている店舗も多いです。
あまり良いことではないのですが、求人の入ったティッシュ配りや、スカウトが増える時期でもあると思います。
スカウトもお店のボーイさんがするタイプとスカウト専門の人がするので色々あります。お店のボーイさんですと、そのお店しか紹介はしてもらえませんが、スカウト専門の人ですと、その人が紹介を任されていてなおかつ条件に合うお店に紹介をしてくれます。
次のお店を決める時も、そのスカウトと相談した、などといったお話をよく聞きます。

どの方法でお店に入るかは、その人の相性もありますね。
ネットで探すのが上手な人、友人の紹介、スカウト……。
ともあれ、この時期は体入・派遣を含め新しい子や未経験の子がやってきます。
だから最近体入の話が多いのかな……とでも思ってやってください。

体入はお店との相性を見るための制度です。
ただ、前回の「体入荒らし」のときもお話ししましたが、同じエリアで色々なお店を体入して回ると、体入荒らしだと思われてしまうこともあります。
そのエリアで遊びにくくなるとか、他のお店で体入のための面接が通りにくくなるなど、弊害はいろいろあります。
なるべく少ない回数で自分に合ったお店を探すのが一番だと思います。

お店探しがうまくいかない

先ほどのように、自分に合うお店を探すために何度も何度も体入を繰り返すと体入荒らしと思われるケースもあります。
ちゃんと体入か荒らしかを見極められるお店とかならいいのですが、そうできないお店も多いのも事実。
そういうお店に先に何件か当たってしまい、後々体入荒らしかもしれないと流されたらたまったもんじゃありません。
話を聞いていると、荒らしとそうでない人で訊く条件などが違うそうですね。
全日日払いが可能か・今(体入)よりもいい条件になるか、など給料をその日のうちにもらえるかどうかにこだわることが多いです。
あとは、本入・再体入を約束したあと体調不良や、家族にばれた、などで断ることも多いです。これは全員が全員、嘘をついているわけでもないのでなんでも疑ってかかるのはだめですが。

予防策

情報網を持ってみましょう。
スカウトにしろ友人にしろ、どっちも大切です。
最近はSNSでお店の情報交換をしているところも多いですね。有名な子が働いているお店だから、と体入をする子も多いです。他にも、どのお店が良くてこのお店はだめだ……など。ただ、公開アカウントでやりとりをしていると、しれっとスカウトが紛れ込むこともあるので注意です。スカウトが苦手な人は、非公開アカウントやDMなどでやりとりするのがいいかもしれませんね。
あと、あまり夢のないことですが求人条件は全部真実ではないとも思っておきましょう。
ノルマやペナルティが無い、と言いながら別の名称を使って同じようなことをしている店舗も多いです。
そういうところは、なぜかそのやりかたがダメで女の子が離れていく、というのに気づかないので、改善しないところも多いですね。
売り上げが落ちているから焦ってさらに縛り付けることもあります。怖い。
ギャップが無いお店や、体入時給が意外と現実的な値段している店舗は結構信頼がある気がします。
それと、HPを持っている・キャバクラや水商売用の宣伝サイトに詳細情報が載っているというのも信頼と安心が出来ます。
だいたい詳細情報は、有料記事になっているので継続して掲載が出来る=経済的にも安定したお店、というのがわかります。
また、キャストブログなども参考になるので詳細があるお店は本当にありがたいです。
安定したお店なのにあえて載せないところもあるので、そこはエリアを務めて口コミで探すしかないですね。

解決策

どこを見ればいいの、というところを中心にお話しします。
個人個人のやり方にもいろいろあると思いますが、やっぱり少し高めの安定した店舗が良いと思う人が多いはず。
実際、飲みなれている人の接客のほうがやりやすい部分もありますよね。
ですから、セット料金が高めの店舗を探します。
中には「安キャバ」と呼ばれる、ぼったくりのようなお店もあります。
入口は安いけど、延長やドリンクを繰り返してとてつもない値段になるお店です。
入口が異様に安くて、よく見たら時間ごとの延長料金が高い……なんてところは安キャバに近いです。
ただ、勘違いしないでいただきたいのは、安い優良店舗もあることです。
こっちは安キャバよりは入口も高めですが、ぼったくりのような値段設定もないので口コミもいいです。いいお店は、値段にかかわらずいいお客さんが「お店」につくので、働きやすい環境になる場合も大きいです。
ですので、口コミも大事ですね。
お店が掲載されているサイトの口コミ欄などがおすすめです。それに対して女の子も返信していることも多いので、雰囲気掴みには便利です。
あとは、掲示板でしょうか……。ただ、有名なお店でも、全く書き込みが無いところもあります。それは、晒されるようなことが無いくらいいいお店、ともとれるのですが、何か月も動きが無いと営業しているのか不安になります。
また、特定の女の子の話(批判にしろ何にしろ)が多いところもお店の雰囲気をつかむには難しいです。その子だけがただ有名なだけで後は平和……なんてことも多いです。実際に、その子がお店をうつったら掲示板はぱったり動かなくなった、なんてことも多いです。
人伝てもいいですね。
働いている友達の紹介なら、体入も確実にできますし、本当にその日のお金を稼ぐだけならその子に口添えしてもらって専属ヘルプになることも可能です。
タイプが似ているのなら、お店になじむのも早いでしょうし。
また、お店によっては紹介した子にバックが入る仕組みもあります。
これはあまり公にしていないお店も多いので、紹介する人も知らないパターンがあります。
ただ、紹介するか相談したときにその制度を教えてくれるお店は良いお店だと思いますよ。

最後に

ナイトワーク(水商売)で働くからには、業界ならではの独自ルールと言うものが存在します。好待遇だからと言って直ぐに飛びつかず、面接時や体入時にしっかり確認することがおすすめです。
何でもかんでも法律違反だから……と考えすぎるのも善し悪しがあります。
最近は大手グループなどで、上記のようなことを払拭する取り組みをしているお店も増えています。
本入する前にネットでの口コミを確認したり、体験入店(体入)時に女の子に聞いてみたり、紹介で入るのであれば実際に働いている女の子の感想などを参考にして、お店選びをするのが良いでしょう。

ナイトワーク(水商売)で働く女の子たちから体入のトラブルで相談件数が増えておりますので、普段から上記の内容などに気を付けていることを心掛けましょう。
ナイトワーク(水商売)で長年キャバ嬢やホステスをやっていると、さまざまなトラブルに巻き込まれたり遭遇したりと悩みは尽きないと思います。
そんな悩みを解決できるサイトがあるのはご存知でしょうか?
ナイトワーク(水商売)のトラブルに強い弁護士さんたちが相談にのってくれるが『ナイトワーク法律相談所』です!!

今は、小さな問題かもしれませんが初期対応の仕方で大きく結果が変わってきますので、まずは気軽に相談してみましょう!
ナイトワーク法律相談所では24時間(土日祝)対応や女性の弁護士さん、出張相談など対応が出来る弁護士さんが多数、登録しておりますのでまずは無料問合せをして1歩踏み出しましょう!!